愛育レディースクリニック|産科・婦人科・産婦人科|船橋市|一般婦人科

〒274-0071千葉県船橋市習志野5丁目8-16
047-476-1103

一般婦人科

婦人科とは

婦人科とは

女性の体はとても複雑かつ繊細微妙でデリケートです。体内では常にホルモンバランスの変化が起こっており、それが心身の状態に大きな影響を及ぼしています。
特に、月経、妊娠、更年期(年齢)などによって、いろいろな変化が生じてきます。
その変化の過程で起こってくる症状や病気などを主に診療するのが一般婦人科です。

女性に特有の症状を診療

婦人科では、月経不順、不正出血、下腹部痛、おりものの異常など、女性に特有の症状を診療します。肩こりや貧血なども、女性ホルモンのバランスの崩れによって起こるケースがありますから、まずは一般婦人科にご相談ください。
診察の結果、高度医療や入院加療、手術などが必要と判断された場合には、しかるべき適切な医療機関や専門医へのご紹介をいたします。

こんな症状はご相談ください

月経異常
  • 周期や期間、出血量が通常と大きく異なる。
  • イライラや不安、むくみ、乳房痛、頭痛、ひどい月経痛などの症状が見られる。
  • 思春期になっても初経が来ない。それまで定期的にあった月経が突然無くなった。
不正出血
  • 周期的な月経以外に、不規則な出血がある。
おりものの異常
  • 色や臭いが通常と異なる(正常なら無色透明ないしはクリーム色で、ほぼ無臭)。
腟・外陰部の異常
  • かゆい、赤く腫れる、ただれる、痛む。
  • しこりがある。
  • 性交痛がある。
乳房の異常
  • しこりや痛みがある。
  • 皮膚に、ひきつれや窪みがある。
  • 乳頭がへこんだり、黒ずんだり、ただれたりしている。
おなかの異常
  • 腹痛がする。
  • 排便痛がある。
  • 下腹部の痛みや違和感がある。
※女性の場合、消化器等の疾患に限らず、子宮や卵管、卵巣の病気によって腹痛が起こるケースもあります。
排尿の異常
  • 尿がもれる
  • 尿が出にくい
  • 尿の回数が多い
  • 排尿時に痛みが走る

一般婦人科で診療する代表的な疾患・症状

月経痛(月経困難症)

月経痛(月経困難症)

月経痛が強く、日常生活に支障を来たすケースを「月経困難症」と言います。腹痛、腰痛、悪心(気持ちが悪くなる)、嘔吐、ふらつき、頭痛、頭重、食欲不振などの症状がよく見られます。
なお、思春期頃の女性の子宮は未熟なので、子宮の出口が狭いために月経血が排出されにくく、そのせいで月経痛を招きがちです。症状の種類や程度は人それぞれに異なりますが、こうした月経痛の多くは、市販の鎮痛剤を服用する程度で落ち着くものです。しかし、毎回学校や仕事に行くのもつらい、起きていられずに寝込んでしまうなど、日常生活に支障が出るようなケースは「月経困難症」と呼ばれ、治療の対象になります。

月経困難症の種類

月経困難症には、下記のように2種類があります。月経痛がどちらによるものなのかは、簡単に診断することができます。

特に病気ではなく、誰にも起こり得る月経困難症
毎月の排卵周期のなかで、2種類の女性ホルモン、すなわち卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)が分泌されますが、特に黄体ホルモンは子宮内膜に作用してプロスタグランジンという痛み物質を増加させます。このプロスタグランジンが子宮を収縮させたり、腹痛や腰痛、悪心を起こしたりします。これを「機能性月経困難症」と言います。
子宮内膜症などの異常による月経困難症
子宮内膜症は年々増加傾向にあり、20代前半からよく見られます。こうした病気は、月経困難症の原因となります。これを「器質性月経困難症」と言います。
月経困難症の治療

月経痛を治療するにはまず、その月経痛が機能性月経困難症なのか、それとも子宮内膜症など、子宮や卵巣における器質性の異常によるものなのかを判断します。その上で機能性月経困難症と診断されたら、下記のような治療法がとられます。器質性月経困難症の場合は、その原因となっている疾患の治療を行います。

生活上の工夫
骨盤の血流を改善するために適度な運動が効果的です。軽いジョギング、ウォーキング、全身の屈伸運動などがお勧めです。
痛み止め(鎮痛剤)の服用
我慢できないほどの痛みが生じてから服用するより、早めに、あるいは痛みが始まる前に服用して、上手に月経痛を回避してください。
ピルの服用
ピルの服用により、今まで鎮痛剤を服用しなければ過ごせなかったような人も、そのほとんどが鎮痛剤を必要としなくなります。

おりものの異常

おりものとは、「女性生殖器から体外へ排出された分泌物」のことです。おりものは生理現象の一つであり、女性ホルモンが正常に働いている証拠です。
おりものは生理的なものがほとんどなので、量や色、においに神経質になる必要はありません。とは言え、まったく気にしないのも、異常サインを見逃すことになります。
正常なおりものは、無臭で透明に近い乳白色です(下着に付くと、薄い黄褐色に変化することもあります)。量は排卵期に増え、月経前までに次第に減少します。性的興奮でも、腟内の自浄作用が一時的に高まるため、増加します。
おりものに異常があると、色や量、におい、性状などに変化が起こります。通常とは違ったおりものが見られたら、早めにご相談ください。

こんなおりものはご相談ください
  • 量の多いおりものが続く
  • 膿のようだったりして、おりものの状態(におい、色など)が異常である
  • おりものに、月経時のような血が混じっている
  • 外陰部に痒みや熱感、ただれ感、痛み、悪臭がある

月経前緊張症(PMS)

月経前になると「イライラする」「気分が沈んでしまう」「乳房にハリや痛みが生じる」「顔や手足がむくむ」――こうした月経前の心と体のつらい症状は、月経前緊張症(PMS:Premenstrual Syndrome)と呼ばれます。
PMSによる不調症状は月経の数日~2週間前頃(基礎体温の高温相)から始まり、月経が始まると、ほとんどが嘘のように消えていきます。

PMSの主な症状
身体症状
  • 頭痛
  • 首や肩のこり
  • 立ちくらみやめまい
  • 乳房の痛みや張り
  • 肌荒れ
  • お腹の張り
  • 下腹部の痛み
  • 下肢のむくみ など
精神症状
  • イライラ
  • 憂うつ
  • 不眠
  • 怒りっぽくなる
  • 抑うつ
  • 集中力や判断力が低下する
  • 思考がネガティブになる など
PMSの治療法

低用量ピルや鎮痛剤、利尿剤、精神症状が強い患者さんには抗不安薬や抗うつ薬などの薬物を用いた治療、また食生活や運動をはじめとした生活指導など、お一人お一人の状態に合わせた改善法をご提案いたします。

子宮筋腫

子宮の筋肉にできる良性の腫瘍(こぶ)のことを子宮筋腫と言います。
子宮筋腫は良性ですから、それ自体が生命を脅かすようなものではありません。
こぶの大きさは、小指の先ほどの小さなものから、赤ちゃんの頭ほどもある巨大なものまで、千差万別です。いくつもが生じることも、少なくありません。

子宮筋腫の症状と治療

代表的な症状は月経困難症と月経痛、過多月経で、出血量が多いために貧血になる場合もありますが、場所によっては、まったく無症状なケースもあります。
子宮の外側にできる「漿膜下筋腫」 (しょうまくかきんしゅ) は無症状の場合が多く、子宮の内側にできる「粘膜下筋腫」は小さいものでも過多月経になりやすい傾向があります。子宮の筋肉の中にできる「筋層内筋腫」も、過多月経や月経痛の原因になることがあります。 治療法には手術療法と薬物療法がありますが、発生した場所や症状によって、治療法はそれぞれ異なってきます。

子宮内膜症

本来、子宮内腔にしか存在しないはずの子宮内膜や子宮内膜様の組織が、何らかの原因で、子宮内膜以外の場所(卵巣、卵管、子宮周囲の腹膜、時には子宮から遠く離れた肺など)で増殖し、月経のたびに出血を繰り返す病気です。血液が卵巣に溜まった疾患を「卵巣チョコレート嚢腫」、子宮筋層内にできて子宮全体が腫れる疾患を「子宮腺筋症」と言います。
原因は不明ですが、月経時に剥がれ落ちた子宮内膜の一部が、卵管を逆走して卵巣や腹部臓器に到達して増殖するという説が有力視されています。子宮筋腫、卵巣嚢腫、子宮腺筋腫などは、鑑別を必要とする疾患の代表です。月経異常などが見られたら、しっかり原因を特定してもらうことが大切です。

子宮内膜症の症状と治療

代表的な症状は、ひどい月経痛で、年齢とともに強くなっていくのが特徴です。一方、自覚症状が無く、内膜症と気づかない人もいます。
子宮内膜症の治療法には、手術療法と薬物療法があります。
どんな治療をするかは、妊娠の希望の有無など、本人がどのようなライフスタイルを選択するかによって異なってきますので、医師とよく相談して決めていきます。

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)

多嚢胞性卵巣症候群とは、卵胞(卵子の入ってる袋)の発育が遅く、しかもある程度の大きさになっても排卵されずに、卵巣内にたくさんの卵胞が溜まってしまう疾患です。超音波検査によって確認することができます。
月経異常や無排卵月経などによる不妊に悩む女性も少なくなく、不妊原因の大きなテーマの一つに挙げられています。
多嚢胞性卵巣症候群の原因はよくわかっていませんが、遺伝的な要因に加え、糖や脂質の代謝異常、また食生活や運動などの環境的要因が複雑に絡み合って発症すると考えられています。

多嚢胞性卵巣症候群の主な症状

多嚢胞性卵巣症候群の主な症状としては、以下のようなものが挙げられます。

稀発月経・無月経
稀発月経と無月経は、いずれも多嚢胞性卵巣症候群の代表的な症状です。ホルモンが正常に分泌されてこそ、月経は一定の周期で訪れます。しかし、ホルモンバランスが乱れると、月経周期が39日以上になる「稀発月経」や、あるいは月経自体が来ない「無月経」となります。
無排卵月経
無排卵月経は、月経は来ているものの、排卵がなされていない状態です。月経不順や無月経と同様に、ホルモンバランスの乱れによって、うまく排卵が起こっていません。無排卵月経の場合、「基礎体温が低温期と高温期の二相に分かれない」という特徴があり、基礎体温が一定していたり、ガタガタと変化が多かったりするような場合は要注意です。
過多月経
LH(黄体化ホルモン)が分泌異常を起こすと、基礎体温を上昇させ、子宮内膜を厚い状態に維持する作用のある「黄体ホルモン(プロゲステロン)」の分泌を過剰にします。黄体ホルモンが過剰に分泌されると、月経の出血量が多くなる「過多月経」を引き起こすことがあります。月経痛がひどい場合も、要注意です。
肥満
肥満も多嚢胞性卵巣症候群の代表的症状の一つです。また、肥満になるとインスリンの効きめが悪くなり(インスリン抵抗性)、多嚢胞性卵巣症候群を引き起こすと考えられるため、肥満は原因の一つとも言えます。肥満(BMI≧25)があって稀発月経や過多月経が伴うようなら、多嚢胞性卵巣症候群の可能性があります。
男性的特徴(多毛、にきび、低音声など)
卵胞に含まれる男性ホルモンが血中で増加することによって、男性的な特徴が出現することがあります。月経が来ない、口のまわりや腕、すねなどの毛が増える、にきびが増える、などの場合は要注意です。また、数は少ないのですが、声が低音になることもあります。
多嚢胞性卵巣症候群の治療

多嚢胞性卵巣症候群を根本的に治す方法はまだ見つかっていませんので、下表のような対症療法が行われます。

生活習慣の改善
多嚢胞性卵巣症候群の原因の一つであるインスリン抵抗性を改善することが大切です。BMI25以上の肥満がある場合は、食事や運動などの生活習慣を変えることが治療に結び付きます。ダイエットによって体重を5〜7%減量するだけでも排卵や妊娠確率の改善が見られます。
排卵誘発剤の利用
生活習慣の改善に取り組んでも、依然として排卵障害が改善されないようなら、クロミフェンなどの排卵誘発剤を投与して排卵を促進する治療が行われます。クロミフェンは効果の緩やかなタイプの排卵誘発剤で、副作用が比較的軽い反面、効果が現れるまでに時間を要する傾向があります。排卵誘発剤を使っても排卵が起こらないようなら、ゴナドトロピン(hMG-hCG)療法という注射療法が行われます。この治療法は、クロミフェンよりも排卵誘発効果は高いのですが、体への負担が大きく、副作用が現れやすいというマイナス面もあります。
メトホルミンなどの糖尿病治療薬の投与
クロミフェンを使っても排卵が起こらない場合、糖尿病治療薬であるメトホルミンを併用することで、排卵が期待できます。クロミフェンとメトホルミンを組み合わせて使うこともあります。
腹腔鏡下卵巣多孔術
排卵誘発剤や肥満の改善でも排卵が起こらない場合は、腹腔鏡下において電気メスやレーザーを用いて両側の卵巣にたくさんの小さな穴を開けて排卵を促す手術法を検討します。この手術を行えば、高い確率で排卵が起こるようになります。
その他
月経が周期的に起こるように低用量ピルなどを使うホルモン療法、月経に関係しているエストロゲンやプロゲステロンのホルモン剤を周期に合わせて投与するカウフマン療法、また人工授精などが行われます。

人工妊娠中絶

人工妊娠中絶とは、何らかの理由によって妊娠が継続できない場合に、手術によって妊娠を中断する方法です。
日本の法律では、妊娠中絶ができる時間的リミットは21週6日までです。
当クリニックでは、妊娠の継続を希望なさらない方について、そのご相談に応じます(*中期にも応じます)。

※状況によっては、お受けできないケースもございます。

妊娠中絶手術の流れ

妊娠中絶手術の流れ、および注意事項などについて以下にご説明いたします。

診察
正常妊娠か否か、また妊娠週数の診断や検査、手術のご説明のため、前もってご来院ください。
中絶が可能な時期
妊娠5週~妊娠21週6日までです。妊娠週数の数え方は、最後の月経が始まった日を0日として、0~6日までを0週、7~13日までを1週というように数えます。月経不順や“偽”の月経によって「ずれ」が生じることも少なくないため、最終的には超音波検査をして判断します。
手術の予約
診察当日にご予約いただくか、または後日、診療時間内にお電話にてご連絡ください。
手術について
手術は完全な麻酔下に行われるので、知らないうちに終了します。手術後は、個室でお休みいただき、夕刻前にご帰宅いただきます。
手術当日の基本的な流れ
STEP1 受付
受付にて診察券をお出しください。
STEP2 問診
看護師による問診を行います。この際、署名・捺印した「手術同意書」をお渡しください。手術後の注意点についても、お話しいたします。
STEP3お支払い
問診により問題が無ければ、手術費用のお支払いをしていただきます。
STEP4 着替え
看護師が病室にご案内いたしますので、手術衣にお着替えください(付き添いの方も、ご一緒にお連れいたします)。
STEP5 手術前
手術室に移動していただきます。医師とともに手術の確認を行います。安全のため、点滴を施して急な変化に備えます。
STEP6 手術
手術は麻酔をかけている間に行われますので、術中は全く痛みがありません。
STEP7 手術後
出血の状態や麻酔が完全に醒めたかどうかの確認を行います。